<< お休みどころ 2003年7月9日(水) | top | お休みどころ 2003年8月12日(火) >>

お休みどころ 2003年7月23日(水)

  聖好さんの虫刺されは度を増しています。ダニ、ブヨに加え、最近はノミが横行。近所の家からのネコがノミを落としていくようで、畳の上ならまだしも、食卓や寝床にまで飛び移ってきます。手先足先が刺されやすく、僕は小さく腫れる程度ですが、聖好さんは腫れて水ぶくれができています。ブヨのときと同じくアレルギー反応、刺されはじめたころはましなのですが、いまは体の免疫反応が燃えさかっているようです。
 奇妙なことに、どんな奴に刺されたのかがわかってくると、痒みに耐えやすくなります。まずは地元の人に聞いてみようと地区の草刈りの際、相談してみたのですが、ブヨの腫れが飛び火していく聖好さんの状態には懐疑的な人がほとんどで、毒虫だ、ハゼ負けだ、ダニだ……と別の方向で話が盛り上がってしまいました。結局相談できたのは電話をくださる方たちで、「はじめ腫れたが、そのうち馴染んだ」「痒みにはホウ酸とオリーブオイルでつくるクリームが効く」など貴重な情報をいただきました。
 ノミの性質を知るうえでとても役立ったのが『害虫追い出し百科』という本です。滋賀県の能登川で町立図書館を運営している才津原哲弘さんが、宅急便で本を貸してくださいました。虫好きの人が書いた本で、読んでいるうちにノミやダニにも親近感がわいてしまうのは不思議です。20〜30°Cで多湿な環境をノミ・ダニは好むようで、根本対策は家の風通しと陽当り。乾燥させることのようです。カーペットも虫を呼ぶようで、食卓の下にひくのをやめました。衣類や寝具については、聖好さんがかなりきれいにしています。掃除器かけもいいそうですが、先月畳に青カビが出て以来、畳のタワシがけと掃除器かけはすでに日課になっています。家具と壁のあいだは5cm以上あけ、風を通すとダニ・カビ対策になるそうです。今後の課題です。
 虫についてすこしわかってきたころ、お隣りのおかみさんもブヨで飛び火することがわかりました。彼女はブタクサなどの草にも負けるそうで、かなり苦労されています。僕たちも外仕事の際、からだの防備にかなり注意するようになりました。ブヨ除けに携帯用蚊取り線香を送ってくださる方もいました。今後試してみます。
 虫騒動のおかげで、以前皮膚科の授業で聞いた話をおもいだしました。ウルシ負けのことです。ウルシ職人を希望する若い人がウルシ負けの相談に来たとき、転職をすすめる皮膚科医も多かったそうです。でも、その後追跡調査をすると、程度の差はあれ落ち着いていく。かなりひどいただれの時期を越えれば、からだも馴染んでいくようです。からだが異物と接触すると多かれ少なかれ、反応がおこります。人でも物でも異物となじむにはかなりエネルギーがいるようです。いままでと全然環境のちがう山奥にやって来たのですから、からだがいたむのもあたりまえかもしれません。
          興野康也(おきのやすなり)

 雨もり、大量の大型ゴミ、畳のカビ、ブヨの次は何だろう、何がやってくるかな。と、心待ち(?)にしていたら、ネコノミがやってきました。今朝も朝から十匹はコロシました。ブトのときと同じ、刺されはじめのころはさしてかゆみもありません。それがひいてきたころから、新しく刺された傷は赤く腫れ、むろんかゆみも増し、水ぶくれになってくるのです。
「かゆみって何?」おきのさんに尋ねると「痛みの一(いち)形態」。(医学事典をひきながら。)
「どうして最初はかゆくなかったのか。」
「聖好さんの免疫が(注1)が受け入れたからです。」
「しだいにかゆみをもったのは。」
「免疫が攻撃しているからです。聖好さんそのものじゃありませんか。羯諦羯諦波羅羯諦(注2)。ゆけゆけ前へ。」
 そう言われてみると、その通り。
 この湿った住環境に、ノミは素直に呼応しているのみ。
 ノミもかゆみも、いのちの精華。
 本によると、ノミはレモン水のようなものを嫌う由。レモンはないので、お酢を手足に塗り、畳をお酢少々で拭いてみようときょうから試してみます。
 ホウ酸オリーブオイルはよく効きます。
         上島聖好(うえじましょうこう)

(注1)最初しばらくは相手を認識できないので、攻撃できません。だんだん人相がわかってくると、免疫細胞が攻撃しはじめます。
(注2)羯諦羯諦波羅羯諦(ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい)。『般若心経』の最後に出てくるフレーズ。サンスクリット語「ガテー ガテー パーラガテー」をそのまま漢訳者が音写したもの。意味は「往ける者よ、往ける者よ、彼岸に往ける者よ」(『般若心経 金剛般若経』(中村元訳、岩波文庫)による)。
お休みどころ | 2003年のお休みどころ | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--