<< お休みどころ 2004年12月2日 木曜日 | top | お休みどころ 2005年1月3日 月曜日 >>

お休みどころ 2004年12月10日 金曜日

 12月9日、涙骨賞落選の報が届きました。「なにくそ、涙骨賞め」としばらくつぶやいていましたが、改めておもうのは、あの文章(論文)を書けてよかったということでした。多くの人が助けてくださいました。ワープロ化してくれた石原孝之くん、グレッグさん、岡田昌宏さん、木下美弥子さん、倉本啓子さん、虫賀宗博さん、高原美都子さん…。自分がどう生きてきたか、どう生きていくかを言葉をたぐりたぐり書いていっていたのですから、論とは呼べず論外だったのかもしれません。ただお世話になった方々のことも書けてうれしかったのでした。
 自分の道は精神科医なのだとはっきりおもえたのは、この論文を書けたおかげです。今後はお休みどころ活動と併行できる形で精神科の仕事を探していきます。
    興野康也

 「不知火」奉納能の余韻のさなか、作者の石牟礼道子さんにお礼を申すと「みなさんのおかげです。」その後いただいた葉書にも「奇跡の月の下の舞台をお目にかけられましたのも、皆さまの念力のたまものでございます。」とありました。「月の下という表現がいいね」と話していると、「藤田省三さんの本にそんなフレーズがあります」とおきのさん。そして『全体主義の時代経験』を持ってきます。「『雪がコンコン降る。/人間は/その下で暮らしているのです』と言って嘗て私たちに敬虔さの何たるかを教えてくれた山村の一少年の感受性」を、「我々」はいかにして蘇えらせうるか。「その時の『我々』こそは慎み深い私たちの社会となる。」20代、「山の分校」というホームスクール(塾)を開いて(手伝って)いましたが、そのときつけた文集の名は『雪コンコン』だったっけ。などとかんがえていると、でんわ。石原孝之さんから。「石原くん、ワープロ打てる?」というわけで、涙骨賞の論文ワープロを石原くんに頼んだのでした。時は9月17日。藤田省三さんの命(誕生)の日。
 発表までに何人かの方々から「祈っています」という言葉をいただきました。
 ありがとうございます。祈りのかたちをいただきました。おきのさんが道を「精神科」に定めましたのも、「みなさんのおかげです。」
 それでもなんとはなしに悲しくて、湧き水(泉。お休みどころの飲料水)を見にゆきました。
 ぽこん。ふつふつ。泡うかびます。生きてるね。歌ってるね。よろこびのほめうた。
 仄暗く、ゆたかにたゆたう水の夢。
 よろこびは満々と尽きることはなく、水の中には一輪の火。
     上島聖好
お休みどころ | 2004年のお休みどころ | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--