<< お休みどころ 2004年4月15日(木) | top | お休みどころ 2004年5月15日(土) >>

お休みどころ 2004年5月9日 

 5月1日でお休みどころは一周年。
 その日、神田橋條治さんからでんわがありました。鹿児島にある堂園メディカルハウス(診療所型ホスピスとしては日本で最初にできました)の院長と友人なので、見学の許可をもらった。今度来たとき紹介する、というものでした。
 よろこびました。
 「お休みどころ」とは何だろう。
 「お休みどころに死にかけた人が来たときに、祈ってあげたいのか、何らかの医療処置もしてあげたいか。」それによって学びを選んだらどうか。先生の言葉にわが胸の内を探ると、タイのエイズホスピス(仏教)やマザーテレサの死者の家(キリスト教)があります。    
 そうして、神田橋さんに相談すると、返ってきたのが「堂園メディカルハウス」見学でした。
 許されるならそのなかに身をおいて学んでほしいと願います。(興野康也さんには。)
 ならば、平谷のお休みどころはどうなるのか。
 経済――おひとりおひとりの寄付でなりたっているのですが――はどうなるのか。
 問題は数々。
 が、一年前、ままよ、ととびこんだのです。
 信の海へ。かつて「らい者」と呼ばれた人が「深海の魚族」であったように、われらも信海人。応じてわたってゆきます。
 どうぞ乞うご期待。
 お見守り下さい。
 通信「お休みどころ」は無事一年。役目を終えたよう。
 ありがとうございます。これからは、呼べば応えるおたよりに専心いたします。
 ようこそ  ようこそ  待っています。
       上島聖好
お休みどころ | 2004年のお休みどころ | 18:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--